楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

星野リゾート、「OMO7大阪新今宮」を発表(1) 22年4月開業目指し起工

19/06/18

星野リゾート(星野佳路社長)が大阪市浪速区のJR新今宮駅前に計画していたホテル名を「星野リゾートOMO7(おもせぶん)大阪新今宮」とし、6月1日に着工した。5月28日に大阪市内で開いた記者会見で星野社長が明らかにし、建設現場で起工式も行った。開業は2022年4月を予定している。

星野社長は記者会見でOMO7大阪新今宮のコンセプトを次のように話した。「都市観光にしっかりとサービスを展開する。ビジネス客はターゲットから外し、都市観光客が旅のテンションを上げるホテルにしたい」と強調した。

また「都市観光客の多くがビジネスホテルに泊まっているが、都市をリゾートと見立てている。大阪環状線に乗っている人、新今宮駅のホームに立っている人が降りてみたい、行ってみたいと思ってもらえるウェルカムなメッセージを発信するデザインにしたい」。

OMO7大阪新今宮は敷地面積1万3900平方メートル。14階建てで「バリエーションに富んだ」(星野社長)客室436室を備え、広大な敷地を生かしガーデンを整備する。「庭の見せ方にこだわりたい。四季を通じて演出していく」という。

星野リゾートOMO7大阪新今宮

星野リゾートOMO7大阪新今宮のイメージパース

(次の記事)星野リゾート、「OMO7大阪新今宮」を発表(2) 「都市観光のテンション上げる」

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
麒麟をめぐる戦国観光の地・岐阜

戦国武将、明智光秀を描く「麒麟がくる」が2020年のNHK大河ドラマに決まり、光秀が生まれ...

緋色に染まる秋の滋賀

滋賀県の秋はパッチワークのように色鮮やか。琵琶湖は青い水をたたえ、山々は紅や黄に緑も混じる...

令和に号令、山陰新時代鳥取編

令和の時代に飛躍を図る山陰観光の今をお伝えする特集後編は鳥取県にスポット。道路網が充実、周...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ