楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

スーパーホテル、AI・映像通訳を導入し訪日に多言語対応

19/08/05

スーパーホテルは5日、訪日外国人観光客向けにAIやオペレーターが通訳を行う新たな多言語サービス「AI通訳」「映像通訳」を導入した。ハイブリッド通訳サービスを生かし、グローバル化する宿泊ニーズに対応する。

同ホテルはLOHAS(人にも地球にもやさしい持続可能なライフスタイル)を運営の基本コンセプトとし、「Natural,Organic,Smart」な体験を提供している。

「AI通訳」「映像通訳」は、多言語コンタクトセンターを運営するインバウンドテック(東京都新宿区)との協業で、一部店舗を除く全店舗に導入。する。

「AI通訳」は、 クラウド上で学習を続ける人工知能による相互リアルタイム会話翻訳により63言語に対応する 。また、「AI通訳」でカバーしきれない対応については11言語対応のオペレーターで有人通訳を行う「映像通訳」でバックアップする。 有人通訳を行う「映像通訳」の対応言語は英語・中国語・韓国語・スペイン語・ポルトガル語・ベトナム語・タイ語・タガログ語・フランス語・ネパール語と日本語含めた11言語で携帯電話などを介して日本語検定1級相当のオペレーターが通訳を行う。

「お客様とのコミュニケーションの際に通訳サービスを導入し、 外国人のお客様にとってストレスフリーな環境整備を行っていきたい」と同ホテル。

通訳イメージ

通訳イメージ

 

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ