楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

ベッセルホテルズが「しあわせ朝ごはん」プロジェクト

19/09/10

ベッセルホテル開発(広島県福山市)が、「しあわせ朝ごはん」プロジェクトで、全国のベッセルホテルズグループ23施設の朝食メニューの磨き上げに取り組んでいる。

「朝ごはんで地域を感じる」「日本の四季を感じる」をテーマに、ホテルごとにコンセプトを掲げ、郷土料理や地元食材を中心に、和洋さまざまなメニューを開発・提供している。

ベッセルホテル熊本空港 の朝食。宿泊客は無料

例えば、ベッセルイン札幌中島公園では、豊富な海鮮、新鮮なミルクを使ったチーズ、北海道産小麦のパン、たっぷり具沢山のスープなどを、ブッフェスタイルで1600円(12歳以下は無料)で提供。

また、ベッセルイン上野入谷駅前では、和食を中心に東京名物農産物の深川めしや、豊洲市場直送のまぐろなどを800円(同)で出している。

朝食に力を入れる理由について同社では、「近年ホテル業界では競争が激しく、また民泊も広がり、ホテルと民泊の中間のような形態も今後増えていくと考えられます。そういった状況の中、ベッセルホテルズを選んでいただくために、独自性を出すための取り組みです」としている。

今年3月から18歳以下の添い寝を無料に

同ホテルグループでは家族旅行を応援しようと、今年3月から18歳以下の添い寝を無料にする取り組みも開始している。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ