楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

地域の中核担う「夢のある産業」に 日本バス協会が「バス再興10年ビジョン」中間とりまとめ

24/07/05

バス産業の夢を描こうと、日本バス協会はこのほど「バス再興10年ビジョン」の中間とりまとめを発表した。

バス事業が人々の生活や地域に必須のサービスでありがながら、コロナによる利用者減や経営的打撃、昨今の燃料高や運転士不足などの課題を乗り越え、産業として地域の中核を占める将来像として策定する。

中間とりまとめでは「安全を第一とし夢のあるプライドある産業として輝くことを目指す」として①先端技術の活用などによる安全への取り組み強化②地域の総合交通産業としての維持発展③従業員の待遇改善や若年層、女性、外国人採用の促進④EVバスの普及によるカーボンニュートラルの実現⑤自動運転の本格化―などをビジョンとして掲げている。

清水会長は総会でのあいさつで「バスにはできることが、まだまだある。秋にはビジョンを決定し、実行したい。夢のある産業にしたい」と意欲を見せた。

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海と生き海を守る三重鳥羽の旅

鳥羽市の基幹産業である漁業、観光業が連携を図り、漁業者と観光事業者が抱える課題を出し合って...

蒙古襲来750年・歴史とロマンを感じる長崎県壱岐・松浦

時は鎌倉、大陸から元が日本へ侵攻した一度目の蒙古襲来(元寇:文永の役)から今年で750年。...

個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ