楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

コロナ:前を向くってこういうことさ 亀清旅館のタイラーさん

20/04/24

嵐の中、旅館の経営者はどのように過ごしているのか。亀清旅館(長野県戸倉上山田温泉)の経営者で、旧知のタイラー・リンチさんに聞いた。タイラーさんは4月以降、クラウドファンディング、弁当のデリバリーの開始、ユーチューブでお座敷遊びの紹介など、動き回っている。

戸倉上山田温泉のキャラバンで、2月にトラベルニュースを訪れたタイラーさん(中央)

-クラウドファンディングを始めたきっかけは。

タイラー 上山田ホテルの若林さん(若林正樹さん)から、コロナウイルス収束後の宿泊を、前売りする方法がないかと尋ねられたのがきっかけです。その話を、Iターンで千曲市に住んでいるITに強い知り合いに相談したら、クラウドファンディングを提案されて、千曲市の宿泊施設4軒で始めました。今は6軒です。4月4日から始めて、正直あまり期待していませんでしたが、反響があって驚いています。

クラウドファンディングは、千曲市で地域づくりや企画立案・運営を手掛ける「ふろしきや」代表の田村英彦さんが立ち上げた。昨年の台風19号と新型コロナウイルス「COVID-19」の2つの19で、苦境に立たされる千曲市の宿泊施設を支援するのが目的。

姨捨ゲストハウスなからや(姨捨)、有田屋旅館(戸倉上山田温泉)、亀清旅館(同)、湯元上山田ホテル(同)、ホテル亀屋本店(同)、ホテルうづらや(八幡)の6軒が参加している。

支援金に対する返礼(リターン)は、コロナウイルス感染拡大収束後の宿泊を購入してもらう応援宿泊プランと、お礼のメールか手紙が届くシンプルプランの2通り。

シンプルプランは1口3000円、宿泊プランは施設ごとに異なり11000円から34000円まで。宿泊期間は2021年3月末まで。

クラウドファンディングを募る期間は4月30日まで。目標額の250万円に対し、これまでに151人から186万6000円が集まっている。

-旅館で弁当の販売を開始したんですよね。

タイラー 宿泊も宴会もなくなり、弁当販売にチャレンジしようと思いました。管轄の長野保健所に相談すると、弁当を販売するには仕出し営業の許可が必要とのことで、取得しました。事前に相談しながら必要書類を全部そろえて出向いたつもりですが、対応は電話とは別の人で、配膳用のテーブルの寸法を細かく聞かれて困りました。

一番ショックだったのは、弁当にクッキーを入れられないことでした。私の出身地の名物で、自分で焼いた、とてもおいしいシアトル・クッキーを入れたかったんですが、菓子製造の許可が必要だと知らされ、諦めました。

-弁当の注文はありますか。

タイラー 弁当のテイクアウトとデリバリーのチラシをつくり、4月19日から旅館に貼ったり、SNSで発信しています。昨日、23日に初めて大人2人前とお子様ランチの注文がありました。今日は夜に13食の注文があり、この週末も同じくらいの注文をいただいています。

-いい出だしなんでしょうか。

タイラー 今のところ知り合いからの注文ですが、ありがたいし、弁当販売の感触はいいです。それで、地元の飲食店仲間と千曲版「ウーバーイーツ」をやろうかと相談しています。田舎にはウーバーイーツはないので、自分たちでやろうと。

飲食店やおやきの店などの12軒でデリバリーのチラシをつくり、ワンストップで受け付けと配達をするつもりです。2店舗への注文であっても、セットにして配達するので利用者にも便利です。5月1日から始めます。

チラシとSNSでPRするつもりで、チラシは知り合いの牛乳配達の人に配ってもらいます。

近所には旅館スタッフが自転車や小型バイクで届けます。今、旅館は暇ですから。同じようにお客さんがなくて困っている地元のタクシー会社とも組んで、遠方にも配達します。

-4月21日、長野県が旅館業も対象に5月6日までの営業休止を要請しました。

タイラー うちも今日(24日)から休館です。最近、取材でテレビに出たこともあって、この1週間は、毎日2~3人の宿泊客がありました。

-芸者さんの話しもお願いします。

タイラー 戸倉上山田温泉には20人ほどの芸者衆がいます。1週間ほど前に、芸者の武(たけし)さんから、メールをもらって、そういえば宴会もないから、芸者さんも大変だと思ったんです。

それで地元では、「世界のナッキー」として有名なユーチューバーのナッキーさんにお願いして、うちの宴会場で「ステイ・ホーム おうちでできるお座敷遊び」を収録したんです。武さんとナッキーさんが、虎虎(とらとら)と金毘羅船々(こんぴらふねふね)をしている様子が近く、ユーチューブの「nackey(ナッキー)TV」チャンネルで公開されます。

戸倉上山田温泉を覚えてもらって、コロナが収束したら遊びにきてほしいですね。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

通潤橋の放水とともに熊本山都観光が大号砲

熊本県山都町でもっとも知られる観光スポット、国指定重要文化財「通潤橋」が今年4月、4年ぶ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ