楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

コロナ:雲仙市の市民市内宿泊キャンペーン 2万円上限に補助

20/05/18

長崎県雲仙市は5月15日から、「地元に泊まって応援キャンペーン」を始めた。市民が市内の宿泊施設を利用した際に、1人1泊あたり2万円を上限に、宿泊料金の半額を補助する。予算は6500万円。

対象となる宿泊施設は小浜温泉、雲仙温泉などの32軒で、宿泊期間は8月31日まで。申し込みは先着順で、予算に達し次第終了する。

雲仙温泉・雲仙福田屋の経営者、福田努さんは、「県外への移動自粛が続く中、地域の人も安心できる、いいキャンペーンだと思います。旅館は雇用や仕入れで地元に寄与できるので、感染予防策を徹底して、しっかりと取り組みたいと思っています」と話す。

キャンペーン宿泊者がすでに数組あり、「これから先、雲仙市から長崎県へ、そして九州全域へと、だんだんといい方向に広がっていけば」と期待している。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ