楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

パレスホテルの新ブランド「ゼンティス大阪」がオープン まちに開かれた施設に

20/08/03

パレスホテル(吉原大介社長)は7月15日、宿泊主体型ホテル「Zentis(ゼンティス)大阪」を大阪市北区にオープンした。パレスホテル初の関西進出となる新ブランドのホテル。大阪随一の繁華街、北新地に立地し、庭と連動したラウンジやテラスでまちとの一体感を醸し出す。

敷地面積約1583平方メートルの16階建てで、1―13階がホテル。客室は25―57平方メートルの212室。床面から天井部まで大きくとった窓が特徴的で、部屋面積より広さを感じさせる。

ゼンティス大阪

客室は窓が大きく開放的な雰囲気

ライフスタイルを提案する滞在型ホテルをうたい、2階の多目的ルームは、大阪にちなんだ雑誌や書籍がそろい、香水の試用ができるほか靴磨きのサービスもある。ランドリー、アイロンなども滞在客向けに用意されている。

また、同じ2階のラウンジ・バー・レストランは、ミシュラン1つ星のシェフが監修する料理やカクテルなどを提供。開放的なテラス席や個室など全54席で、宿泊客以外にも開放する。

1階の宿泊者ラウンジもスタイリッシュな空間。隣接した庭にもイスが配置され、大きくはない庭だが暖炉を配しているなど異日常な時間を過ごす雰囲気がある。

ゼンティス大阪

スタイリッシュなバー・ラウンジ

正規宿泊料金は1―2人利用で1室1万8300円から。

コロナ禍でインバウンドが激減し逆風が吹く中だが、パレスホテルブランド戦略室の和地明里紗さんは「地元の皆さんに愛されるホテルを目指したい」と話していた。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ