楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

9割以上は徹底、一部で三密やビュッフェ対応不十分 観光庁、Go Toトラベル登録宿泊施設の感染対策を調査

20/11/26

観光庁は9月7日までに実施した、Go Toトラベル事業登録の全宿泊施設の新型コロナウイルス感染防止対策調査の結果を発表した。対象の2万3245施設のうち9割以上は問題なかったが、一部対策が不十分な施設があり、指導を行った。

調査結果では、旅行者への検温や客室の清掃・消毒、浴場、飲食施設などの三密対策について実施を確認。一部の施設では、浴場でロッカー利用を間引くなどの対策が行われていない▽ビュッフェ形式の食事施設でトングや取りばしの頻繁な交換がされていない▽公的書類による本人確認が実施されていない▽旅行者へのGo Toトラベル利用に対する遵守事項の周知が行われていない―など対策の不十分さが確認され、それぞれ指導を行った。

今後、9月8日以降のGo Toトラベル登録施設は、12月中に調査を実施する予定。

入館時には体温チェック(イメージ)

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ