楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

フェアフィールド・バイ・マリオット 2022年春以降、8道県に14ホテルを開業

21/11/02

積水ハウスとマリオット・インターナショナルは2022年春から2023年秋にかけて北海道や西日本を中心に8道県に14ホテル・1184室を順次開業すると発表した。

両社は2020年10月以降、各地の道の駅隣接地にロードサイド型ホテル「フェアフィールド・バイ・マリオット」の展開を進め、これまでに5府県に部屋数50―100室規模の14ホテルを開業している。

2020年10月に開業したフェアフィールド・バイ・マリオット・栃木宇都宮

2022年春からの開業ラッシュは、両社がセカンドステージに位置付ける展開。さらに2025年までに26道府県に約3000室規模への拡大を目指している。

「フェアフィールド・バイ・マリオット」はマリオットが世界各国で1150軒以上に展開するホテルブランド。日本では積水ハウスが経営、マリオットが運営に当たっている。

14ホテルは次の通り。

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

観光復活は四国一周しこくるりから徳島編

四国DC4県の魅力をまるごと感じてまわることから新時代の旅を始めよう。最終回は徳島県の旅...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ