楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

琵琶湖の眺望を全面に 碧の湖邸ビワフロント彦根、8月20日に開業/滋賀

23/09/03

滋賀県彦根市の琵琶湖畔に8月20日、「蒼の湖邸ビワフロント彦根」がオープンした。2021年に閉館した彦根ビューホテル(旧彦根プリンスホテル)をホテルニューアワジグループが買い取り、温泉を新たに掘削したほか、琵琶湖を望む絶景を前面にした施設に約30億円かけてリニューアル。グループ17軒目の施設になる。

ホテルニューアワジが大幅にリニューアル

蒼の湖邸 ビワフロント彦根は3万9500平方メートルの敷地に、10階建ての本館や温泉大浴場、レストラン棟に加え、グランピング施設、プール、フットサル・テニスコートなどからなる。

蒼の湖邸ビワフロント彦根

琵琶湖畔に建つホテル

宿泊客がまず目にするのが、チェックインを行う最上階のフロントから望む琵琶湖の絶景。10階直通のエレベーターを新設し、ウェルカムドリンクを飲みながらチェックイン手続きを行う。対岸の比良山系越しに日が沈む夕景も美しい。夜はラウンジとして開放し、昼夜を問わず琵琶湖を一望できる。

蒼の湖邸ビワフロント彦根

最上階からの眺望

本館客室は従来から部屋数を大幅に減らした38室。露天風呂付き客室(9室)や3世代旅行にも対応できるよう50―125平方メートルと拡充。すべての客室から眼前に広がる琵琶湖を一望できる。レストランでは近江牛やビワマスなど地元の食材を生かした料理を朝夕提供する(朝食はブッフェスタイル)。

温泉大浴場も琵琶湖の湖面と一体感のあるインフィニティ露天風呂を備え、琵琶湖畔の立地を最大限生かしている。

蒼の湖邸ビワフロント彦根

露天風呂

ファミリー客向けのキッズスペースには絵本やおもちゃがそろう。

グランピング施設は、デッキテラスやリビングルーム、ベッドルーム、自家源泉の温泉露天風呂などを備えたヴィラタイプの12室。このうち9室は愛犬とともに宿泊することができ、ドッグランスペースもある。

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ