楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

近いぞ北関東!関西から春花求めて来て 茨城県・栃木県

18/03/30

関西では馴染みの薄い北関東エリア。神戸空港―茨城空港間に直行便が飛び、その距離はぐっと縮まっている。近くなったエリアの旬、これからが本番の花を中心としたPRに茨城県と栃木県の関係者がこのほど、トラベルニュース社大阪本社を訪れた。

いばらき夢ガイドの柴田奈緒さんが推すのは水戸市・偕楽園の「梅」と、国営ひたち海浜公園の「ネモフィラ」。園内に100種3千本が植わる偕楽園では3月末まで梅まつりが開かれ、夜間はライトアップされる。「幻想的な梅の花がお楽しみいただけます」と柴田さん。4月中旬からゴールデンウイークが見ごろのネモフィラは、450万本が花開き一面が青一色に染まる様子が海外でも話題に。「死ぬまでに行きたい世界の絶景と評されています」。

茨城空港から栃木県は40―50分しかかからない。足利市のあしかがフラワーパークの藤棚は、米国のCNNが選んだ「世界の夢の旅行先10カ所」の一つ。とちぎおもてなしメイツの鎗田景子さんは「イチゴの生産量50年連続日本一の栃木県でイチゴ狩りも旬です。とちひめという地元でしか食べられない品種も食べ放題です」。栃木県では4月からデスティネーションキャンペーンが始まり「栃木が誇る本物と出会えるチャンス」と栃木県観光交流課の上野雅美さん。

両県はマニアックな素材も少なくない。茨城県大洗地区はいま「ガールズ&パンツァー」というアニメの舞台になり「地元も盛り上がり、聖地巡礼のお客様で賑わっています」と県大阪事務所の佐藤恵美子さん。栃木県では、フクロウをまつり宝くじ当選のご利益がある鷲子山上神社(とりのこさんじょうじんじゃ)が話題。

さらに、今後ブレークしそうなのが2016年の茨城おみやげ大賞を受賞した「冷やし焼き芋」。市町村で全国1位の生産量を誇る鉾田市のサツマイモをアピールしようと、小太郎物産の小沼広太さんが商品化。「紅はるかという品種のイモを熟成させました。糖度45、スイーツ・オブ・スイーツの焼き芋です。それを冷凍して、お土産として世界の皆さんに味わってもらおうと開発しました」。見た目は普通の焼き芋と変わらないが、一口食べて唸り笑う。そんな味。

茨城県・栃木県の皆さん

茨城県・栃木県の皆さん

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ