楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

西九州新幹線開業でぶらりとおいで 長崎県

21/11/15

2022年秋に開業する「西九州新幹線」。九州最西端の長崎県に入ってくる“新しい風”を大阪にも届けようと、西九州新幹線開業準備実行委員会の日高雅之会長と吉田匡博副会長、東大智さん、吉田耕介さん、長崎県新幹線対策課の木村省三さんと川上真也さん、県大阪事務所の水谷大吉さんがこのほど、トラベルニュース社大阪本社を訪れた。

1年後開通する西九州新幹線は、佐賀県の武雄温泉から長崎市の区間66キロメートル。整備計画では九州新幹線・新鳥栖駅から分岐する予定なので、部分開業となる。それでも博多から長崎までは現行の最速1時間50分から約30分短縮。武雄温泉駅では、在来線とは対面乗り換えで乗客に負担をかけない方式だ。県内には長崎駅のほか諫早駅、新大村駅が開設される。

実行委員会の皆さんは県内各地で活動する民間事業者。「官民一体で西九州新幹線開業を盛り上げています」という。終着駅の長崎駅には11月1日にヒルトン長崎とMICE施設の出島メッセがオープン。23年には長崎マリオットホテル、24年には地元企業のジャパネットが主体となりサッカースタジアムをメーンに商業施設なども併設した一大プロジェクトを完成させる。

日高さんは「この数年で、長崎はすごく変わります。『そうだ京都行こう』に対抗して『ぶらり長崎それもいい』でいきます。私が住む松浦地域もそうですが、長崎のいろんな地域にぶらりと来てもらえば」。

雲仙市で事業をする吉田さんは「今年8月の豪雨で雲仙の宿泊施設は大きな被害を受けましたが、新幹線開業の来年秋にはリニューアルも完成し、皆様を完全にお迎えできる体制です。西九州新幹線でぜひお越しください」と話していた。

長崎県の皆さん

長崎県の皆さん

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ