楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

夏はアートに浸れ-越後妻有アートトリエンナーレ、7月29日開幕 新潟県十日町市

18/07/17

新潟県十日町市観光交流課の石井晃さんが来社した。7月29日に開幕する「大地の芸術祭・越後妻有アートトリエンナーレ」への来訪をアピールした。

越後妻有アートトリエンナーレは、十日町市と津南町を舞台に3年に一度開催。今年で7回目を迎え、東京23区がすっぽりと入るエリアに、里山の環境を生かした新作172点を含め、世界中のアーティストが制作した計378点のアート作品が点在する。

同博でまず立ち寄りたい拠点施設が「越後妻有里山現代美術館キナーレ」。水を利用した大規模なトリックアートが開幕とともにお目見えし、方丈記をモチーフにした4畳半のスペースに、アートと食を融合した30のバザールが出現する。「初めての方もリピーターの方も楽しめる空間です」と石井さん。

広大なエリアをめぐるのに便利なオフィシャルツアーも2つ設定されている。カモシカぴょんぴょんコースは棚田などの景観と作品をめぐり、ミシュラン一つ星シェフが監修したランチがつく。シャケ川のぼりコースは、信濃川の河岸段丘を見ながらエリアを縦断。朗読劇を見ながらランチを食べる。

日本三大渓谷のひとつ清津峡のトンネルにアクリル板を貼って、インスタ映えする絶景が展開する作品をはじめ、津南町の50万本のヒマワリ、妻有花火など見どころは多い。

石井さんは「4割がリピーターで、地域の方とのふれあいが楽しいと評価いただいています。芸術とともに地域を満喫できる内容です」。9月17日までの開催。

新潟県十日町市の石井さん

新潟県十日町市の石井さん

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

四県四色四国を彩る高知編

第3弾は高知県。維新の国土佐が今あえて売りだすのは「自然・体験」。これに高知城のアート...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ