楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

アルペンルートが開通、「雪の大谷」の迫力を 富山県立山黒部

19/05/15

立山黒部貫光営業推進部の沼田健太郎さん、河合佐紀さん、同社西日本営業所の二本松信吾さんがこのほど、トラベルニュース社大阪本社を訪れ、4月15日に全線開通した山岳観光ルート「立山黒部アルペンルート(TKA)」の今シーズンの取り組みを紹介した。

TKAでは今年から、シーズン突入を告げるシンボルである巨大な雪壁「雪の大谷」を歩くイベント名称を「立山黒部・雪の大谷フェスティバル」に改称。「6月22日までの69日間にわたって開催されるイベントには年間で約30万人が国内外から訪れます。雪の大谷の回廊を歩いていただいて雪壁の迫力と美しさ、自然の神秘を感じてください」と沼田さん。

二本松さんは「今年は室堂に加え、大観峰に『アナザーステージ』を開設しイベントエリアを拡大します。大観峰駅屋上の雲上テラスには巨大なかまくら『雪のポケット』、大観峰駅2階テラスには『雪のトンネル』も登場していますので、ぜひ訪れてください」。

河合さんは「アルペンルートの魅力を知るにはガイドさんの同行が一番です。ガイドさんと一緒にアルペンルートの魅力に触れてみてほしいですね」。

立山黒部貫光の皆さん

立山黒部貫光の皆さん

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ