楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

秋の宿場町彩る「ハイカラ市」 鳥取県智頭町

17/09/07

鳥取県の智頭町観光協会の河村実則さん、智頭町企画課の西尾尚己さんがこのほど、トラベルニュース社大阪本社を訪れ、11月5日に開催する「第6回ちづ宿ハイカラ市」などをアピールした。

ハイカラ市は「ハイカラ衣装が似合うノスタルジックな街並み」をコンセプトに毎年秋に開催。智頭宿の古い町並みの中で、大正から昭和初期をイメージする衣装を着用した「ハイカラさんコンテスト」、ハコスカやケンメリ、スバル360など昭和を代表する「レトロカー」のパレードなどが行われる。フェラーリやランボルギーニなどスーパーカーも町中に展示する。

河村さんは「ハイカラさんコンテストに参加してくれる人を募集しています。観光協会に連絡ください」。

また、町内に少しでも長く滞在してもらおうと、智頭宿の重要文化財「石谷家住宅」の見学や諏訪酒造酒蔵交流館「梶屋」での試飲をはじめ、茅葺き屋根の民家が現存する板井原集落、町内に点在するカフェめぐりなどを提案する。

西尾さんは「森林セラピーは個人向け、旅行会社向けのプログラム設定も可能です。民泊もあります。日本の原風景が残る智頭町へぜひお越しください」。

鳥取県智頭町

鳥取県智頭町の皆さん

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ