楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

山口ゆめ花博、9月14日から11月4日まで 山口県

18/07/13

山口県の「山口ゆめ花博」事務局の藤澤海さんと同博入場券販売管理センターの田中幹生さん、長門湯本温泉・山村別館の谷口昇さんがこのほど、トラベルニュース社大阪本社を訪れ、9月14日から11月4日までの52日間、山口市の山口きらら博記念公園で開催する「山口ゆめ花博」をアピールした。

同博のテーマは「山口から開花する、未来への種まき。―150年を振り返り、次の150年につなぐ」。会場には1千万の山口県の花が咲き誇るなか、8つのゾーンで、子どもから年輩客まで楽しめる多彩なイベントや体験プログラムを用意。期間中50万人以上の来場者を見込んでいる。

ゾーンは無料の2050年の森と海の大草原、有料のウエルカム、花の谷、庭のパビリオン、森のピクニック、山の外遊び、海の外遊びの8つ。イベントと体験プログラム1千件を繰り広げる。

また期間中の毎夜、夜の公園を光でデザイン、光と花がシンクロするライトアップ「1000万の花夜景」や花型の光る浮き輪を身につけ、軽快な音楽に乗って公園内の花や夜景を見て歩く参加型パレード「KIRARARING」を実施。

入場料金は大人1200円、高校生800円、小・中学生600円。8人以上の団体は大人900円、高校生600円、小・中学生500円。

藤澤さんと田中さんは「山口ゆめ花博をきっかけに、歴史や自然、食とからめた魅力ある山口県の観光素材を組み合わせてツアーを組んでほしい」と旅行会社からの送客を期待している。

山口県の皆さん

山口県の皆さん

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ