楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

冬はナイト観光で県内周遊 高知県

21/11/29

高知県観光政策課の池田菜美さん、県大阪事務所の奥田泰志さんと森夏子さんがこのほど、トラベルニュース社大阪本社を訪れ、2022年2月28日まで県内各地で展開する「光のフェスタ」などを紹介した。

フェスタのメーンは「NAKED FLOWERS−高知城−」。日本三大夜城に選ばれている高知城を舞台に11月19日から22年1月10日まで開催。高知城天守をプロジェクションマッピングするほか、城内に様々な光のアートを設けた。

「ネイキッドフラワーズは中四国で初めてになります。自分のスマホをかざすとタンポポの綿毛が飛ぶダンデライオンというアトラクションもあります。この綿毛は、大阪の『光の饗宴』とも連動していて、高知の綿毛が大阪で花を咲かすんですよ」と池田さん。

屋外イベントだが、感染症対策も万全で、しかもアート。「花の模様になる泡の除菌液のほか、来場者はネイキッドちょうちんを持って城内を回遊するので、自然とソーシャルディスタンスが確保されます」と森さん。

高知城のイベントは17時30分−21時30分で入場は大人1千円。梼原町や仁淀川町など県内6市町でもフェスタは行われている。

奥田さんは「夜の高知を楽しんでもらうためには泊まっていただかなければなりません」と言ってアピールしたのが、交通費最大5千円をキャッシュバックするリカバリーキャンペーン。「近畿地方と中四国が対象です。自家用車は1台あたりですが、鉄道や飛行機は1人あたり5千円をお戻しします。宿泊が条件ですので、ゆっくり泊まって夜のアートを満喫してください」。

高知県のお2人

高知県のお2人

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ