楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

人のために自信を持って作る−キムチが紡ぐ健康と縁 岡村貞恵さん

大阪環状線と近鉄が交差する鶴橋。駅前の狭い路地には焼肉屋やキムチを売る商店などがひしめく。肉を焼く香ばしさ、鼻奥にツンとくる唐辛子の匂い。このまちはいつ来ても嗅覚を刺激する。その一角、ガラスケース内に多種多様なキムチがずらりと並ぶ清潔感のある店構えで、看板に描かれたキャラクターそのままの女性が店頭に立つ。岡村商店の社長、岡村貞恵さんだ。

結婚を機に来日した岡村さんは若いころ、姑との関係や経済面でずいぶん苦労したらしい。50歳になるのを目前に「自立しよう」と始めたのがキムチづくりだった。

「家の前や道端で売り始めたんだけど、最初は全然売れなくてねぇ」。それでも「清潔に心を込めて作れば、いずれお客さんはわかってくれる。それまでの苦労を思えば辛抱できた」と、黙々と毎日白菜を漬け、無添加・無着色の手づくりの味にこだわった。

転機は2001年。キムチづくりで教えを乞うていた祖国・韓国の「師匠」から光州キムチコンテストへの応募を勧められた。結果は望外の「金賞」。それからは「金賞キムチ」として売り出し、百貨店などの催事に声を掛けられるようになり、製造卸売りとしての活動を本格化させた。

「でも、卸売りは『もっと安く』とか言われて儲けがほとんどなくて面白くない。やっぱり自分で看板を掲げて小売りしないと。大阪・鶴橋というのも大事だと思ったの」。一念発起し、地元信用金庫に乗り込んだ。「副支店長が熱心に話を聞いてくれてね」と、念願の一号店をオープン。

金賞キムチの名は徐々に広まり、11年には関西のグルメテレビ番組から「トビコでキムチを作って」とオファーがきた。トビコとウニを混ぜたキムチを提供すると、番組をきっかけに人気を呼んだ。以降、様々な創作キムチに挑戦。健康食、発酵食ブームも追い風に店舗も増やしていった。

岡村貞恵さん

「美味しい」「きれい」「心を込めて」が
金賞キムチのモットーと話す岡村さん

今のコロナ禍は岡村さんにとっても逆風だ。店も縮小した。「でもね、若いころ苦労したから、年とってから運がつく。そう言われたことがあって、それを信じているの」「自分が食べていくために作り始めたキムチが、お客さんの健康のために欠かせない食品になったんだもの」と笑う。

「私は人に救われた。だから、これからも人のために、自信を持ってキムチを作っていく」。そう言って、岡村さんは冷蔵ショーケースからキムチをわさわさと取り出し「食べてね」とお土産にくれたのだった。

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
聖地の旅から始まる伊勢志摩観光新時代

「新しい生活様式」は生活に浸透し、「新しい旅のスタイル」は各地が模索を続け、確立されつつ...

湯どころ北陸流ウィズコロナの旅福井あわら編

“ウイズコロナの旅”を推進する北陸を紹介する今回の福井県あわら温泉の魅力にスポット。未だ...

湯どころ北陸流ウィズコロナの旅石川山中編

“ウイズコロナの旅”を推進する北陸を紹介する今回の石川県山中温泉の魅力にスポット。未だ制...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ