楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

旅館業を本音で語る「7人の若女将」 山本能楽堂で座談会(2) 会いたい女将を目指す

―石橋さんは最近ブログを始めて大阪、日本も盛り上げていくとか。

石橋 もともとこの仕事に就く予定ではなかったんですが、始めて5年が経ちました。昨年弟が帰ってきて一緒にブログをやっています。また月に1、2回、インバウンドの方を中心に無料で習字体験や着付け、折り紙教室などをしています。

―柏木さんは定期的にコンサートもやられていて、元気と笑顔と感動を届けるおもてなしの達人になりたいと。

柏木 ステージが旅館に変わっても、皆さんに元気を届けたいという志は同じです。朝から寝る直前までお掃除、お皿洗いなどいろんな仕事をさせていただき2、3年経った時にお客様からリクエストがあって歌ってみました。すごく喜んでくださって、それでラウンジコンサートなどオリジナルのおもてなしをやるようになりました。

―庄司さんは星野リゾートに勤めていたとか。

庄司 英語を学ぼうと大分別府の立命館アジア太平洋大学に通い、講義が終わると温泉に繰り出していました。そこで宿に興味を持ち、海外の方をおもてなししたいという夢ができ星野に就職しました。そこにたまたま若旦那がいて、たまたま結婚するという流れで。

庄司愛恵さん

庄司 愛恵さん
山形県鶴岡市
湯田川温泉つかさや旅館

―谷口さんは結婚直後、集中豪雨で旅館2階までが土砂に埋もれてしまった。ご主人と大阪で暮らすつもりが、新婚早々土砂の片付けをすることに…。

谷口 土砂を運んで、はき出す。1カ月間そうしていました。いつも思うんですが、中途半端に田舎よりも、祖谷ぐらい何もない方がかえっていいですね(笑)。

―迫間さんは「OKAMI」を世界語にしたいと取り組んでいます。地域の女性が集まる会も作っているとか。

迫間 「女将」を世界に発信したいと5年ぐらい事業をしています。一方で、地域の事業者とコラボしています。旅館組合と女将会と漁協で朝食用の海苔を発売しました。海苔だけでも食べに来ていただく価値があるかなと。

迫間優子さん

迫間 優子さん
三重県鳥羽市
鳥羽ビューホテル花真珠

―原さんは女将ブログで毎回ほぼ1位です。生活すべてをさらけ出す感じを受けます。

 表面上のことだけではなく内面の、人間の少し弱い部分に共感いただき、励ましの声をよくもらえます。それが励みになって、さらにがんばれるのかなと思います。「女将さんに会いに来てもらいたい」という気持ちも持っていて、知らない土地に知っている人がいれば安心して旅行ができるかな、と。私たち女将が「知っている人」になれたらと思って発信しています。

―老舗旅館に嫁いで20数年。ご主人から「自営業だから毎年海外旅行に行けるよ」と甘い言葉を囁かれたとか。

利光 だまされました(笑)。苦労もあったんですが、主人と添い遂げたいと思い結婚したわけで、だまされはしましたが、これから頑張って連れて行ってもらおうと思っています。

利光 真希美さん

利光 真希美さん
和歌山市加太
大阪屋ひいなの湯

(次の記事)旅館業を本音で語る「7人の若女将」 山本能楽堂で座談会(3) 地域団結でインバウンド誘致
(前の記事)旅館業を本音で語る「7人の若女将」 山本能楽堂で座談会(1) 七人七色のおもてなし

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

通潤橋の放水とともに熊本山都観光が大号砲

熊本県山都町でもっとも知られる観光スポット、国指定重要文化財「通潤橋」が今年4月、4年ぶ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ