楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

旅館業を本音で語る「7人の若女将」 山本能楽堂で座談会(3) 地域団結でインバウンド誘致

―インバウンドについて伺います。石橋さんは、お父さんが「旅館は2つのⅠが必要」で、インバウンドとITがないとこれからは厳しいと話しています。

石橋 インバウンドは10年少し前から取り組み始めたと聞いています。アジアからが多く、ほとんど海外の旅行予約サイトからです。

柏木 昨年、飯能にムーミンバレーパークがオープンし、世界中から多くの人に来ていただけるようになりました。自然が多い飯能とフィンランドの雰囲気が似ているらしく、市の取り組みもあって、拡大してきています。

庄司 わざわざ庄内に来ていただくには、地域の人とのコミュニケーションを売り出すプランをつくっていきたいと思い、伝統文化の神楽を見て踊るアクティビティで一歩踏み込んだおもてなしをしていければと。

谷口 自社だけを伸ばすのではなく、エリア全体で取り組んでいます。地域の中で目標、ターゲットを決めて、地道にやり続けて2万人まで集客を伸ばしてきました。自分たちの中でイメージを明確に決めて営業していくというのが成功している要因かなと思います。

谷口真理さん

谷口 真理さん
徳島県三好市
ホテルかずら橋

迫間 鳥羽にインバウンドがなかなか増えない理由が、真理さんの話を聞いてよく分かりました。まずターゲットが絞れていない。10月にフランスへ市長や市民が行ったのですが、成果が見えにくいのと、なぜフランスなのかという意見もあるなど一致団結していません。由衣ちゃんのお父さんがおっしゃる「Ⅰ」が大事になるというのはひしひしと伝わってきました。

 住むところと食事を出せば、働く交換条件でマッチングする「ヘルペックス」というサイトがあります。これからインバウンドに力を入れてく気持ちで、まずはうちのスタッフのおっちゃん、おばちゃんに、慣れてもらおうと一昨年から始めました。2年間で約60人が来ました。一番多いのはフランス人。働きながら、空いた時間に熊野古道を歩いていますね。

原のどかさん

原 のどかさん
和歌山県白浜町
おんせん民宿望海

利光 20室の小さな旅館でインバウンドはほとんどない状況です。関空からアクセスがいいので積極的にやればいいんでしょうが。富裕層の方がネットで直接予約して来られますね。

(次の記事)旅館業を本音で語る「7人の若女将」 山本能楽堂で座談会(4) 土日休みで若い人確保
(前の記事)旅館業を本音で語る「7人の若女将」 山本能楽堂で座談会(2) 会いたい女将を目指す

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ