楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

湯の花温泉と御城印−森の京都DMOがマイクロツーリズムを提案 モニターツアーを実施(2)

また、旧山陰街道を徒歩で移動し余部丸岡城跡(西岸寺)を見学したほか、神尾山城跡をハイキング。いずれも御城印が発行される城跡で、神尾山では亀岡市指定文化財で鎌倉時代に作られた金剛力士像がある金輪寺を住職の案内で拝観した。

御城印は綾部市や福知山市、亀岡市など5市町にある15の城と京都市内の周山城跡の計16種類を発行している。「麒麟がくる」の放送を控えた19年夏から、ドラマの効果を一過性に終わらせないよう、光秀ゆかりの城址が点在する地域に働きかけ、地域住民とともに森の京都DMOが作成。光秀が築いた福知山城や丹波国三大城郭の一つ八木城跡など個性に富んだ城と城跡がある。

余部丸岡城跡の御城印

余部丸岡城跡の御城印

各御城印は各市町の観光協会や城近くの商店などで、1枚300円で購入できる。集めた御城印を収められるオリジナルバインダーも各城ゆかりの武将の家紋をデザインし1800円で販売している。

森の京都DMO地域開発部の福田誠さんは「ハイキングやトレッキングコースとして商品化を旅行会社にアピールしていきたい」とし、御城印めぐりを森の京都エリアのマイクロツーリズムとして売り出す。

(前の記事)湯の花温泉と御城印−森の京都DMOがマイクロツーリズムを提案 モニターツアーを実施(1)

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ