楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

湯の花温泉と御城印−森の京都DMOがマイクロツーリズムを提案 モニターツアーを実施(1)

森の京都地域振興社(森の京都DMO)は4月8日、ウイズコロナ期の旅行スタイルとして近場の魅力を再発見する「マイクロツーリズム」をテーマにしたモニターツアーを実施、近畿各府県の旅行会社から12人が参加した。

ツアーは、森の京都エリアの宿泊拠点である京都府亀岡市の湯の花温泉や、DMOがエリア内の城や城跡をクローズアップして取り組んでいる「御城印」めぐりをプチ体験。商談会も行った。

京都駅から、2人掛けを1人で使用した貸切バスで亀岡市へ移動。地元ボランティアガイドから2020年の大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公・明智光秀と丹波亀山城跡について、19年5月に建立された光秀像前で話を聞いた。

明智光秀像

丹波亀山城跡前の明智光秀像前で
ガイドの説明を聞く

湯の花温泉の旅館「里山の休日京都・烟河」では飛沫防止パーテーションを使用し、同温泉観光旅館協同組合の奥村昌信理事長(松園荘保津川亭)らから温泉旅館5施設のプレゼンテーション、亀岡市内の観光資源について説明を受けた。昼食は、烟河のレストランで地元野菜や丹波牛を使用したランチコースを賞味した。

森の京都DMOモニターツアー

コロナ対策を施した商談会で

(次の記事)湯の花温泉と御城印−森の京都DMOがマイクロツーリズムを提案 モニターツアーを実施(2)

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ