楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

滋賀県長浜・高島、琵琶湖観光の振興へ連携(5) 教旅向けパスポート

一般社団法人北びわこふるさと観光公社(滋賀県長浜市、岸本一郎理事長)は、教育旅行専用企画として長浜市の歴史文化施設利用に便利な「びわ湖・長浜 スクールパスポート」を販売している。

パスポートは長浜市がもつ戦国時代から近代にかけて豊かな歴史を学ぶ校外学習や修学旅行での利用を呼びかけている。

パスポートは2016年4月1日から販売を始めた。限られた予算で有意義な教育旅行を行いたい、という学校側の要望に応じて開発。同市の歴史文化や郷土を愛する心の発信や教育素材の提供、地域活性化などを目的に企画した。
    
2017年4―7月で15校2236人が利用。小学校3校、中学校9校、高校3校だった。このうち長浜市街地で使える食事券(ランチクーポン)の使用は3校462人。担当者によると「販売2年目を迎え、初年度を超える勢いで、ご利用いただいています」と話している。

料金は2館入場券300円と3館入場券500円の2種類を用意。3館入場券購入学校には2枚組特製ポストカードをプレゼントするほか、湖北観光情報センターを滞在中の本部待機場所として無料で利用することができる。見回り用電動アシスト自転車を1台、無料で使うことも可能だ。

びわ湖長浜スクールパスポート

長浜市内を散策

参加施設は長浜城歴史博物館▽長浜鉄道スクエア▽慶雲館▽北国街道・安藤家▽長浜アートセンター▽今重屋敷能舞館▽海洋堂フィギュアミュージアム黒壁▽曳山博物館▽長浜別院大通寺▽ヤンマーミュージアム▽国友鉄砲の里資料館▽浅井歴史民俗資料館▽五先賢の館▽小谷城戦国歴史資料館▽高月観音の里歴史民俗資料館。

同公社は長浜市と米原市の着地型旅行の推進を目的に2013年に設立。旅行業登録(滋賀県知事登録旅行業地域―242)を持ち、地元と連携し地域密着の素材を生かした旅行商品を造成中だ。

(次の記事)滋賀県長浜・高島、琵琶湖観光の振興へ連携(6) 受入施設を紹介
(前の記事)滋賀県長浜・高島、琵琶湖観光の振興へ連携(4) 「周航の歌」100周年で「なぞり周航」

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
北近畿冬のまんぷく紀行丹後宮津編

今年も冬がやってきた。それすなわち、至福の食の季節の到来も意味する。京都府丹後エリアは、カニ...

香川小豆島絵になる風景が輝く

香川県小豆島にビッグイベントが戻ってくる。2019年春、瀬戸内海の島々が舞台となる瀬戸内国際...

世界に誇る新潟美食旅

2019年のDC(デスティネーションキャンペーン)本番を前に、10月1日から「新潟・庄内プレDC...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ