楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

実施率は過去最低に-市場縮小目立つ16年度 じゃらん宿泊旅行調査(1)

リクルートライスタイル・じゃらんリサーチセンター(沢登次彦センター長)はこのほど、「じゃらん宿泊旅行調査2017」の結果を発表した。16年度(16年4月―17年3月)1年間に宿泊旅行を行った人の割合を示す宿泊旅行実施率は前年度比1.6ポイント減の54.8%で、東日本大震災後の12年度を下回り調査開始以来最低を記録。延べ宿泊数は同5.9%減の2億5308万人泊、宿泊旅行費用総額も同9.0%減の7兆878億円と厳しい結果に。市場規模の縮小が目立った一年になった。

実宿泊旅行者数は同3.2%減の5188万人、延べ宿泊旅行者数は同6.2%減の1億4358万人回に。ただ旅行実施者の年間平均旅行回数は同0.09回減の2.77回と微減だが、宿泊旅行1回あたりの平均宿泊数は0.01泊増の1.76泊で、近年は増加を続けている。旅行人数は減っているものの旅行日数は長期化。今年は旅をする人としない人の二極化が一層進んだようにみえる。

宿泊旅行実施率を性・年代別にみると、すべての層で前年割れ。なかでも50―79歳女性の3.0ポイント減が目立ち、市場を支えてきたシニア層の旅控えは今後の市場動向に影響を与えそうだ。

今後の市場はどう動くのか。ヒントは「旅行への関心度・行ってみたい旅行」調査にある。「旅行は趣味」と答えた人は61.3%、「関心がない」は16.6%を引いた8割強が「旅には行く」と回答している。20―34歳女性の65.4%がもっとも関心を持つ。この層は「美味しいものを食べる旅」「友人・仲間との関係を強くする旅」を求めている結果も出た。

(次の記事)実施率は過去最低に-市場縮小目立つ16年度 じゃらん宿泊旅行調査(2)

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
北近畿冬のまんぷく紀行丹後宮津編

今年も冬がやってきた。それすなわち、至福の食の季節の到来も意味する。京都府丹後エリアは、カニ...

香川小豆島絵になる風景が輝く

香川県小豆島にビッグイベントが戻ってくる。2019年春、瀬戸内海の島々が舞台となる瀬戸内国際...

世界に誇る新潟美食旅

2019年のDC(デスティネーションキャンペーン)本番を前に、10月1日から「新潟・庄内プレDC...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ