楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

オンラインツアーに活路 京都・ウイニングトラベルサービス常田学社長に聞く(2) 利益率高く、中小もチャンス

タビマエ情報にも 固定概念捨て挑戦

−オンラインツアーを造成してほしいという依頼も多いとか。

京都市内の社寺巡りの要望が多いですね。京都市内のオンラインツアーを扱っている旅行会社があまりないからかもしれませんが、修学旅行に行けなくなった学校からオリジナルのデジタル修学旅行の依頼もあります。旅行に出かけることのできない老人クラブから紅葉の嵐山を映したオリジナルツアー、デジタルお花見映像、インバウンド向けの動画作成依頼などがありました。

−オンラインツアーは利益率が高いそうですが、どれくらいの利益率でしょうか。

内容にもよりますが、京都市内の案内なら50%は超えます。

ウイニングトラベルサービス

オンラインツアーの動画は現在、ウイニングトラベルサービスの
ホームページで期間限定で公開中

−オンラインツアーではHISが体験者数8万人で、ツアー数も1244(5月19日現在)と力を入れており、集客力も目を見張るものがあります。HISの取り組みはどのように受け止めておられますか。

HISさんの一番人気はシンガポールで、占いなどのスピリチュアルな内容になっているようです。私も参加してみましたが、内容的には中小旅行会社でも十分対応できる内容でした。ツアー数の多さには対抗できませんが、内容については参考にさせていただこうと思います。

−京都市という特別なエリアにある旅行会社なので、その強みがオンラインツアーで発揮できると思うのですが、他地域の中小旅行会社がオンラインツアーを行う場合のアドバイスをお願いします。

旅行業界はまだまだアナログな業界で、オンラインの環境が行き届いていません。それでも、まずは興味を持つこと。費用も高くないので、まずはHISさんのオンラインツーにでも参加してみる、ということが大切です。様々なオンラインツアーに参加することでアイデアが湧いてくると思います。オンラインツアーにはライセンスの縛りがありません。当たれば大きな収入源になると思います。

−コロナ禍がおさまったとき、オンラインツアーはどのようになると思いますか。

これまで旅行に行く前はガイドブックで予習というのが普通でしたが、オンラインツアーがその役目を果たしていくような気がします。

−最後に、オンラインツアーという新しい業態へチャレンジされているなかで、旅行業界に関してご意見があれば。

どのような時代になっても旅という文化は、必ず生き残ると思います。その中で「旅に特化した今しかできないビジネスは何か」をつねに考えなくてはならないと思います。固定概念を捨てて今の旅行業、これからの旅行業を見据えて行動していくことが問われるのではないでしょうか。

ウイニングトラベルサービス常田学社長

金閣寺の前で。左が常田社長

(前の記事)オンラインツアーに活路 京都・ウイニングトラベルサービス常田学社長に聞く(1) 「京都の今」シリーズツアー化

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光復活は四国一周しこくるりから高知編

四国DC4県の魅力をまるごと感じてまわることから新時代の旅を始めよう。第1回は高知県の旅...

聖地の旅から始まる伊勢志摩観光新時代

「新しい生活様式」は生活に浸透し、「新しい旅のスタイル」は各地が模索を続け、確立されつつ...

湯どころ北陸流ウィズコロナの旅福井あわら編

“ウイズコロナの旅”を推進する北陸を紹介する今回の福井県あわら温泉の魅力にスポット。未だ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ