楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

タイの新しい55地域・都市 TTM+2019で世界へ発信(3) TAT東アジア局のティティポーン・マニーネート局長に聞く

日本人旅行者は地域にいい影響

TAT東アジア局のティティポーン・マニーネート局長が、日本メディアとの会見で、日本マーケットについて質問に答えた。

―タイのインバウンドにとって、日本のインパクトが減っているように見える。

局長 18年、中国からの旅行者が1千万人だったの対し、日本からの旅行者は165万人です。ただ、継続して日本の海外旅行者数の約10%がタイを訪れていることを高く評価しています。質の高さも日本からの旅行者の特徴です。体験や現地の人々との交流を好み、ローカルな生活文化にも関心が強く、コト消費も盛んです。こうした交流はタイの地域にもいい影響を与えるものです。日本には東京、大阪、福岡の3カ所にTATの事務所があります。3事務所で、タイの認知度をあげることが重要だと思っています。

―日本からタイへは、バンコク便のみです。他の都市への就航の予定はありませんか。

局長 バンコク便だけという現状は課題だと認識しています。今年11月に仙台便が就航しますが、これもバンコク便です。タイから日本へは複数都市に空路があり、双方向ツーリズムの観点からも、タイの空港公団と連携を深め、協議していきたい。

ティティポーン局長

東京、大阪、福岡の3カ所にあるTAT事務所で
認知度をあげたいと話すティティポーン局長

―日本からどのように55地域・都市に誘客しますか。

局長 18年にこれらの地域に前年比4・9%増の600万人を超える外国人旅行者が訪れていることは評価しています。細かく見るとナーン県への日本からの旅行者は前年の300人から1400人に増えました。プロモーションしなければ、知られなかった目的地です。

TATが目指す持続性のあるツーリズムという点からも、観光客が徐々に増えるのがいいと思っています。マスツーリズムではなく、FIT旅行者が訪れることが地域にもいいと思います。タイの地方の良さを少しずつ、深く体験してほしいですね。

(前の記事)タイの新しい55地域・都市 TTM+2019で世界へ発信(2) 商談会に世界51カ国・地域から参加も…

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ