楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

大阪—白浜に「おんせんバス」 あじさい観光と田辺観光バス、訪日客の地方誘致へ軸足

大阪府堺市のあじさい観光と和歌山県白浜町田辺観光バスが今年3月から、大阪−白浜温泉を結ぶリムジンバス「おんせんバス」を運行している。大阪を訪れている外国人観光客をはじめ、県外観光客に南紀白浜へのアクセスとして利用を呼びかけている。

おんせんバスは、白浜温泉の旅館ホテル前にバス停を設け、そのままチェックイン。手荷物が多いFITのインバウンド客へ乗り換えのわずらわしさなどの解消を図った。大阪でのバス停も、インバウンド客が多い難波の木津市場、外国人の宿泊拠点の一つ新今宮、関西国際空港の玄関口りんくうタウンの3カ所に設けている。都市部から地方へインバウンドの流れを創出するアクセスとしての役割を明確にした。

バスは1日2往復。大阪発は9時と14時、白浜発は9時と14時30分。大阪−白浜間を最速2時間30分で結ぶ。料金は大人片道2600円(小学生以下は半額)。

おんせんバス

大阪—白浜間を1日2往復するおんせんバス

田辺観光バスの大谷晃一社長は「白浜温泉には年間330万人の入り込みがありますが、バスの利用は5%に満たない状況です。都市部と旅館ホテルを直結することで新たな需要が創出できると考えています」と話す。

現在、白浜側ではシラハマキーテラス・ホテルシーモア、紀州・白浜温泉むさし、ホテル川久、白浜古賀の井リゾート&スパの4つの宿泊施設と観光施設のとれとれヴィレッジにバス停を設けているが、2020年1月を目途に停留所を増設。南紀白浜空港やアドベンチャーワールドのほか、ほかの旅館ホテルにも停車し利便性を高める考えだ。

ただ、大谷社長は「マイカー移動と比較し、白浜に着いてからの移動が課題」とし、白浜を拠点に熊野古道や串本、高野山方面への日帰りバスツアーをデイリーで催行したいという思いも持つ。

「国が計画している無人バス構想を白浜で実現するよう働きかけたい」と大谷社長。宿泊拠点の白浜から交通ネットワークを充実させ、地方観光の課題となっている二次交通対策に白浜から一石を投じる構想を抱く。

旅行会社はじめ観光事業者にも「ぜひ乗車体験してほしい」と両社。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
京都丹後で麒麟と冬の味覚に出会う

来年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公・明智光秀の娘、玉(のちの細川ガラシャ)ゆ...

巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ