楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

過去最高の出展数で連日賑わう 産業観光やIRブースも/ツーリズムEXPO

ツーリズムEXPOジャパン2019大阪・関西の展示会は10月24—27日の4日間とも行われた。ブースは、過去最高の1475の企業・団体が出展した。

国内旅行展示は、地元大阪・関西展示エリアが昨年の4・2倍となる全213小間に拡大し、「スポーツ・食・ウェルネス・笑い」をコンセプトに各地の魅力を強力にアピールした。そのほか日本全国からブースが出展され、食文化・酒蔵ツーリズムや産業観光もPR。会場は法被を着たスタッフ、各地の体験を求めた来場者が行き交い、旅の祭典らしくごった返した。「関西うまいものコーナー」「全国ご当地どんぶり選手権」にも長蛇の列ができていた。

ツーリズムEXPOジャパン2019

業界日に、そろいのジャンパーを着た
全国旅行業協会大阪府支部関係者の皆さん

ツーリズムEXPOジャパン2019

地酒や県産品の販売、試食で多くの人が詰めかけた
石川県のブース

海外旅行展示は各国のほかLCC各航空会社などが新規出展。アドベンチャーツーリズム、クルーズ、リゾートウエディングといったテーマ別コーナーもあり、来場者は各ブースを渡り歩く“疑似世界旅行”を楽しんでいた。

また、期間中は「VISIT JAPANトラベル&MICEマート」「インバウンド・観光ビジネス総合展」に加え、観光産業とIR(統合型リゾート)をテーマにした国内初のイベント「IRゲーミングEXPO」も同時開催された。ブラックジャックの疑似体験なども人気を得ていた。

ツーリズムEXPOジャパン2019

ツーリズムEXPOジャパン2019

ツーリズムEXPOジャパン2019

ツーリズムEXPOジャパン2019

趣向を凝らしたブース。
IRのコーナーではブラックジャックの疑似体験も人気を呼んだ

セミナーなども連日行われ、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンが来場者に行っているデジタルマーケティング、LINEトラベルが示したスーパーアプリなど、最新のIOTを活用した事例発表が注目を集めた。

4日間の来場者合計は想定していた13万人を大きく上回る15万1099人。業界日は2日間で約4万8千人、一般日は2日間で約10万3千人を集めた。

来年は初の沖縄開催。20年10月29日—11月1日に沖縄コンベンションセンターを主会場に開かれる。9月10—12日には東京ビッグサイト・青海展示場で「東京商談会」も設定した。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ