楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

新しい旅行様式3つのポイント リーガグラン京都、7月15日“激戦区”に開業(1)

リーガロイヤルホテルグループの新ブランド「リーガグラン京都」が7月15日、JR京都駅八条東口から徒歩約3分、競合他社がひしめく激戦区に開業した。今年は旅行の意味合いが変容し旅行することが地方観光の支援になることから、宿泊先を選ぶ際の3つのポイントとともにホテルの特色をまとめた。(旅した人・佐川深雪)

感染予防、地域性、快適性

第1に安心・安全の可視化。新型コロナウイルス感染症防止対策の徹底を前提として、それが利用者に認識しやすいかどうか。実際に、消毒液は1階エスカレーター前、3階レストラン入口、4階大浴場前など、利用者の行動導線に応じて目に止まるところに配置。フロントは、透明な仕切り板とマスク着用で飛沫の不安を解消していた。客室のテレビに大浴場とレストランの利用状況をリアルタイムに表示して混雑回避を促す。

朝食時の衛生対策については「人気が高い従来のビュッフェスタイルをやめて、3段重とパンなどのセットを客席にお持ちします。お重の一品ひと品、スタッフが直前まで細かく調整を繰り返した渾身のメニューです」と、䕃山秀一社長自らが説明。朝食への力の入れ具合がうかがえた。

リーガグラン京都

朝食について説明するロイヤルホテルの䕃山社長

第2は、地域性・独自性。つかの間の滞在時間でも旅の醍醐味として「京都らしさ」「リーガらしさ」がどう感じられるか。館内で出会うアート作品やオリジナルアイテムは、京都を拠点に活躍するアーティストとタイアップした作品やBGMなど京都の伝統に新しい解釈を加えたもの。新時代の京都文化の発信拠点という印象を受けた。

(次の記事)新しい旅行様式3つのポイント リーガグラン京都、7月15日“激戦区”に開業(2)

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ