楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

アフターコロナを見据えて 近畿運輸局と京都府、大分県が在日外国人ライター招へい事業(2)

瀬戸内の船旅も体験 フェリーさんふらわあに乗船

11月17日の夕刻、大阪南港では出港前のフェリーさんふらわあ2隻を見学。鹿児島県・志布志航路のフェリーさんふらわあさつまでは、個室化が進んだ船内の客室などを見学。特に和室は、ライターの大きな関心を集めていた。

さんふらわあ さつま

さんふらわあ さつまの船内ロビーを
見学するライターら

また別府航路のフェリーこばるとでは、コロナ禍で営業を休止していた船内レストランがこの日再開したことから、ブッフェスタイルで棚に並んだ料理を熱心に撮影していた。

フェリーこばると

船内レストランで提供される
ビュッフェ料理を熱心に撮影

フェリーさんふらわあ旅客営業部の尾石実さんは、船内の感染症対策が万全であることや、2022年末から別府航路に投入される新造船について説明。「欧米の方が意識される環境にも配慮した船で、環境性能は最高評価を取得しました。日本の旅にフェリーを加えていただきたい」などと話していた。

フェリーさんふらわあ

国内移動でフェリー、船旅の利用をPRする
フェリーさんふらわあの担当者

近畿運輸局観光部の角谷敬二郎部長は「本来は、各国から直接ライターを招へいする事業ですが、コロナ禍のなか関係機関の協力を得て、国内在住の英字オンラインメディアのライターに参加いただきました。コロナ収束後の関西へいち早い需要回復につなげていきたい」と、事業実施の意義を語った。

(前の記事)アフターコロナを見据えて 近畿運輸局と京都府、大分県が在日外国人ライター招へい事業(1)

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ