楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

上海集中から北京、内陸部へ JNTOインバウンド旅行振興フォーラム(1) 最大訪日国、中国の市場動向

日本政府観光局(JNTO)は2月18、19日の2日間、東京・品川プリンスホテルで第21回「JNTOインバウンド旅行振興フォーラム」を開いた。観光事業者や地方自治体などのJNTO会員を対象に年2回実施しているフォーラムで、世界21都市にあるJNTO現地事務所の所長が各エリアの訪日マーケットの動向を紹介した。

訪日旅行者全体の約7割を占める東アジア。中国、韓国、台湾、香港の各市場動向を各現地事務所長が紹介した。

JNTOインバウンド旅行振興フォーラム

世界21都市のJNTO現地事務所長が各エリア
の訪日マーケットの動向を紹介したフォーラム

最大の訪日国である中国。経済成長の鈍化、米中貿易摩擦の影響が伝えられる中、2018年は前年比13.9%増の838万人が訪日した。18年は中国人出国者全体でも14.7%増、今年の春節も12.5%増と、海外旅行需要は引き続き好調。今後の訪日旅行需要も旺盛な見通し。日中関係が改善していることから、教育旅行や航空路線の新増設に取り組む絶好の機会にもなっている。

中国国内のエリア動向としては成都、重慶、武漢、西安など内陸部の海外旅行が急成長している。一方で、このエリアからの訪日旅行が取り込めていないことや、訪日プロモーションが上海に集中していることが課題に。北京、広東省、内陸部へのプロモーションの必要性が指摘されていた。

(次の記事)上海集中から北京、内陸部へ JNTOインバウンド旅行振興フォーラム(2) 地方への波及効果は香港市場が試金石に

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ