楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

40組のアーティストが堺に集結 11月3日に初の音楽祭/大阪

堺から日本全国に元気を届けたい―。11月3日、堺市堺区の堺市民芸術文化ホールで音楽イベント「紅白覚醒音楽祭」が初めて開かれる。歌や楽器演奏、踊りなど多彩なアーティスト40組がパフォーマンスを繰り広げる。

音楽祭は、一般社団法人88アカデミー(陳瑞琴理事長)の主催。気功や気功断食をテーマにした活動を行っている法人で、コロナ禍のなか「無償の愛」を表現、実践する機会として音楽祭を初めて企画した。

出演は、阪神淡路大震災の経験をもとにした楽曲が話題になった作人さん、瞑想音楽で世界的に著名なボブフィックスさん、アボリジニの民族楽器ディジュリドゥ奏者の小島敏弘さん、地元を中心に活動する堺すずめ踊りなどジャンルを超えたアーティストが結集。自らシンガーソングライターを務める陳理事長も「なんでもOK!」を披露する予定だ。

また特別ゲストとして、中国琵琶の第一人者エンキさんの出演も予定されている。

11月3日13時スタートで、入場無料。2千人収容のホールを最大で半数までの入場にするなど感染症対策を万全に行う。

陳さんは「地球、宇宙に感謝しワクワク元気になれるメッセージを堺から伝えていきたい」と話す。

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ