楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

ゼロではなく1/100に 宮沢・京大准教授、近畿運輸局のコロナ対策セミナーで講演(2)

移らないから、移さないへ

新型コロナウイルスに感染することを「ゼロリスク」で対応しようとすることに無理があると宮沢准教授。「このウイルスを日本からなくすのは無理。医療崩壊を起こさないようにする。そのためには、自分が移らないことよりも、他人に移さないことに注意を向けるんです。マスクは、そのために重要です」。

そこで、宮沢准教授が提唱しているのが「100分の1作戦」。ウイルスが一つでもあれば感染するのではなく、これまでの動物実験で「ネコの病原性コロナウイルスでは試験管で産生されるウイルス100万個であるのに対し、ネコを感染させるには1万個が必要です。つまり感染性ウイルスを100分の1程度にすれば感染しないのではないか」という。

それを裏付けるデータもそろってきている。新型コロナウイルス感染症では、発症前後数日はウイルスを伝達しやすいが、7日以降はウイルスを伝達しない。「発症後10日で唾液中のウイルス量は発症日の100分の1になります。その段階では他人に移りません。ただ今の陽性者数は、無症状の感染者が発症から10日経ってPCR検査を受け陽性になった人も含んでいます。その数字の増減に一喜一憂するなんて、とちくるってますよ」。

「そう考えておけば対策は楽になると思うし、過剰な対策はトータルで人的被害を拡大します。新型コロナウイルスは簡単に移るウイルスではありません。交通機関の現行の感染対策は十分です。今は、正確な知識を国民に伝え恐怖心を取り除くことが大切です」

(前の記事)ゼロではなく1/100に 宮沢・京大准教授、近畿運輸局のコロナ対策セミナーで講演(1)

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ