楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

海の京都に移住した若者たち 未来のため、まちを元気に−KOKIN代表・大滝雄介さん(2)/短期連載シリーズ

地域の課題から起業促す

一方、大滝工務店では「カンマ・ダイニング」と「カンマ・リビング」を立ち上げ、京都市にも進出するなど活動の舞台を拡大。地方都市の工務店が魅力的な中小企業を目指すことで、田舎暮らしを希望する若者の受け皿となるように志向している。公私とも地域に根差した活動を行い、発信をしていることで、徐々にその活動に惹かれ、応援したり、移住を希望する人が増えている。

大滝さんの取り組みは、移住と言えばリタイア後に田舎や故郷で農業を始める印象を持っていた私にとってずいぶん刺激的で、何より印象に残るのは「地域づくりにかける思い」。心ならずも田舎に帰り、会社を引き継ぎ、古くから仕事をしていた人たちとの葛藤は想像できない。笑いながら、会社もKOKINの活動もすべてが地域づくりにあると言い切る。

さきほど紹介したteam.mには現在43人のママさんたちが集まる。子育てが一段落して仕事をしたいが、いきなりは怖いからとリハビリを兼ねて参加したり、子育て中のママさんがそれぞれの可能な時間にデザインなどのスキルを活かした仕事をしている。ママたちの声を聞き、企業や行政から仕事を受注。まさに地域の課題から生まれた起業案件で、こうした活動を通して共感する輪が海の京都エリアや他府県に広がり、本業の仕事にもつながっている。

今後一番やりたいことは「後継者づくり」と大滝さん。事実、ローカルフラッグ代表の濱田佑太さんたちと起業家を育てる「海の京都ローカルベンチャースクール」を今年6月から開講。地元の起業志望者、2代目社長や大学生など24名が12月まで月1回学んでいる。

当面彼から目が離せない。KOKINのURLはhttps://kokin.online/

西舞鶴

(前の記事)海の京都に移住した若者たち 未来のため、まちを元気に−KOKIN代表・大滝雄介さん(1)/短期連載シリーズ

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

観光復活は四国一周しこくるりから徳島編

四国DC4県の魅力をまるごと感じてまわることから新時代の旅を始めよう。最終回は徳島県の旅...

観光復活は四国一周しこくるりから香川編

四国DC4県の魅力をまるごと感じてまわることから新時代の旅を始めよう。第3回は香川県の旅...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ