楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

【観光業界リーダー年頭所感】JRグループ協定旅館ホテル連盟 西日本地域本部会長 前田健二 氏

2022年の年頭にあたり、謹んで新年のごあいさつを申しあげます。

昨年はCOVID―19感染拡大が長引く中、変異による猛威をみせ、世界経済や個人の生活にまで大きな影響を与えました。そんな中ではありましたが、日本では年末に向けて終息の兆しをみせ、経済復興への動きが活発化する様相の矢先、オミクロン株という新しい変異株が発見され、終わらない恐怖に支配されてしまいました。人類は本当に勝てるのであろうか。

こうした環境下においてJR旅連は活動の縮小を余儀なくされてきました。しかし、大きな動きが制約される中でも、地域においての素材発掘やコンテンツづくりなど地道な活動を続けてまいりました。各種観光キャンペーンも断続的に行われ、12月には恒例の「Japanese Beauty Hokuriku」が開始されたところであり、本年のスタートダッシュにつなげていければと思います。

本年は北陸新幹線の金沢から福井県敦賀までの延伸を2年後に控え、沿線地域の活性化を進めなければなりません。また、その先にある「2025年日本国際博覧会」、いわゆる大阪・関西万博を皮切りに、政府が目標として掲げた、2030年訪日外国人旅行者数6千万人・旅行消費額15兆円の達成を目指します。

このことは、私たちJR旅連にとってとても大きなことであり、悲願であります。観光関連の従事者は900万人といわれ、特に地方での経済効果は絶大です。日本人国内旅行消費額30年22兆円の政府目標も合わせて達成し、観光業が日本経済の一角を担う原動力となるよう努めていきたいと考えています。

「安全・安心」の移動手段を提供するJR西日本とともに、「観光による感幸」を提供するJR旅連西日本地域本部として、旅行需要のさらなる喚起に努めてまいります。多種多様な価値観が存在する中、旅による様々な出会いを通して人々の人生を豊かなものにして行きたい。

冬を象徴する「柊」のように、常に青々として寒い冬に花を咲かせ、厄を寄せつけないたくましさと、年を重ねるごとに丸くなる大らかさで、本年を過ごしたいものです。

年頭所感

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

観光復活は四国一周しこくるりから徳島編

四国DC4県の魅力をまるごと感じてまわることから新時代の旅を始めよう。最終回は徳島県の旅...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ