楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

【観光業界リーダー年頭所感】全日本空輸株式会社 大阪支店支店長 種村守之 氏

新年あけましておめでとうございます。

ANAグループが、地域創生事業に本格的に参入すべく、その実行部隊として一昨年の2021年4月1日にANAあきんど社が誕生してから、おかげさまで2回目のお正月を迎えることができました。私は航空会社ANAの大阪支店長でありますとともに、同社の大阪支店長も兼務しており、大阪府に加え兵庫県、和歌山県、奈良県の地域におけるANAグループの地域創生事業を担っております。

地域ごとに多種多様な課題や問題解決が求められる地域創生事業は、実に多様なアプローチが考えら、ある意味「アイデア勝負」のビジネスです。それゆえにむしろ参入障壁が低く、様々なバックグランドを持った企業が取り組んでいる分野でもあります。そのようなレッドオーシャンで、並みいる先発企業に伍してよちよち歩きながらも何とか2年近く事業を継続してこれました。とても喜ばしく、地域のみなさまや、その多様な課題や問題に対して力を合わせてソリューションを編み上げてきたビジネスパートナーの方々に深く感謝しています。

年頭にあたり、あらためてANAあきんどがこの分野でそれなりに善戦できた理由に思いを馳せると、やはりホームグラウンドが航空事業だったことが大きかったと思うのです。例えばANAあきんど大阪支店は担当地域内にANAが就航する伊丹空港や関西空港、そして神戸空港と3つの空港部門を擁しています。それゆえ、こうした空港現業部門のリソースで航空教室やお仕事体験、あるいは現役空港職員によるSNSを通じた地域の情報発信など機を見るに敏の魅力的なソリューションは、まさに航空会社系地域創生事業者の本領発揮でありました。

ようやく新型コロナの長いトンネルの先が見え始めてきました。国の内外を問わず「旅」が戻ってきています。地域の課題解決に「旅」が有用な部分は大きく、航空会社系地域創生事業者たる弊社の出番はさらに広がるものと期待しています。

一方でこの「旅」の構成要素が近年変わって来ていることも周知です。「持続可能な観光」という言葉があります。国連世界観光機関、UNWTOが提唱する定義を私なりに要約すると、旅に関わるすべての関係者(旅行者、旅行観光事業者、旅行先の住人や環境など)がみんな、将来にわたってハッピーになれるような観光のことだと思っています。

従いましてこれから「旅」が本格的に復活する中で、地域のみなさまが「旅」を呼び込むお手伝いをさせていただくとすれば、こうしたSDGs的な視点が欠かすことのできない要素になるのだろうと思っています。実際、すでにある地域では、DMO、生産者のみなさま方と連携しつつ、その地域で古くから徹底されている「もったいない」精神を土台とした営みを基に、識者の方々とのシンポジウムや体験ツアーの実証実験なども手掛けています。これまでの観光資源に加えて、こうした人々の営みや工夫に対しても「旅」の欲求が働くのが現代なのだと思います。そうした意味では大阪あるいは関西はじめ、わが国は古からの人々の創意工夫の宝庫といえます。これらの再発見でさらに「旅」を呼び込むことができるよう、ANAあきんど社も微力ながら尽くしてまいる所存です。本年もよろしくお願いいたします。

年頭所感

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海と生き海を守る三重鳥羽の旅

鳥羽市の基幹産業である漁業、観光業が連携を図り、漁業者と観光事業者が抱える課題を出し合って...

蒙古襲来750年・歴史とロマンを感じる長崎県壱岐・松浦

時は鎌倉、大陸から元が日本へ侵攻した一度目の蒙古襲来(元寇:文永の役)から今年で750年。...

個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ