楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

グレードではなく安心安全 ハルモニア、ウィズコロナのバスツアーの価格への意識調査を実施

事業コンサルティング会社のハルモニアはこのほど、「ウィズコロナ時代におけるバスツアーの価格に対する意識調査」を実施した。コロナ禍の影響で大打撃を受けるバスツアーへの消費者意識を抽出。プラン設定や価格戦略など今後の事業展開の参考にしたいところだ。

調査は旅行業界の価格設定変革支援の一環として実施。直近3年間で主体的に旅行会社を利用しバスツアーに参加したことがある東京・神奈川・千葉・埼玉在住の35―85歳の男女を対象に7月に実施した。

バスツアーのプラント需要価格帯を問うと、仮設定で「果物狩り・レストラン昼食・土産がセットの日帰りスタンダードプラン」が8千―1万円、「昼食をフレンチレストランにアップグレード」が1万―1万2千円、「スタンダードの座席を1人で2席利用にアップグレード」が1万―1万4千円。アップグレードしても理想の価格帯に大きな違いはなく「バスツアーの相場観は強い」(同社)。ただ、座席が広いプランはやや値上げの可能性があり、コロナ禍による安心・安全への意識の高まりがみえる。

ウィズコロナ時代におけるバスツアーの価格に対する意識調査

直近3年間のバスツアーへの参加頻度は、全体の7割が1―2回。年間3回以上は女性の平均が37%、男性の平均が25%と性差がみられた。

コロナ前の2019年以前のバスツアーへの年間支出金額は、1人あたり3万円以内が約6割。35―49歳女性は4―20万円が40%で最多など、ここでも女性に特徴的な購買行動がみえる。

バスツアーを値下げしてほしいと思う条件は「早期予約」41%、「天候不良」39%が上位。一方で値上げしてもいいと思う条件は「少しでも割増するなら申し込みをやめる」が各条件で30%以上を占めるなどシビアだ。コロナ対策や広い座席、特別な体験がつくと約4割が1千円までなら値上げを許容するようだ。

直近3年間で利用した旅行会社を問うと、大手旅行会社のツアーは本格検討されれば申し込みまでつながる割合が高いが、電鉄系旅行会社のツアーはやや低い結果が出た。

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光復活は四国一周しこくるりから高知編

四国DC4県の魅力をまるごと感じてまわることから新時代の旅を始めよう。第1回は高知県の旅...

聖地の旅から始まる伊勢志摩観光新時代

「新しい生活様式」は生活に浸透し、「新しい旅のスタイル」は各地が模索を続け、確立されつつ...

湯どころ北陸流ウィズコロナの旅福井あわら編

“ウイズコロナの旅”を推進する北陸を紹介する今回の福井県あわら温泉の魅力にスポット。未だ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ