楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

1位は淡路島(兵庫県) じゃらん、「もう一度行きたい島旅ランキング」を発表

リクルートライフスタイルの旅行情報誌じゃらんはこのほど、アンケートをもとに選出した「もう一度行きたい島旅ランキング」を発表した。1位は淡路島(兵庫県)。リゾート地として近年勢いがある島や古くから根強い人気を誇る島が上位に入った。

1位の淡路島は、関西近郊のリゾート地。以前から旅館ホテルや食が充実していたが、近年は新施設の相次ぐオープンで注目は高まるばかり。観光地として地域一体の取り組みが活発に展開されており、それが人気に直結した格好だ。

明石海峡大橋

本州と淡路島を結ぶ明石海峡大橋

2位は宮古島(沖縄県)。伊良部大橋からの絶景も人気でビーチリゾートとしての存在感の高まりに拍車がかかる。

3位は首都圏からの日帰り旅行の定番である江の島(神奈川県)。4位の小豆島(香川県)は古くからの観光島としての人気に加え、近年は瀬戸内国際芸術祭の舞台にも。5位はサイクリストの聖地・瀬戸内しまなみ海道(広島県・愛媛県)。

アンケートは2月、全国の20―50代男女にインターネットで実施した。有効回答数は1531。

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ