楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

日本クルーズ市場にも成長の兆し

最初に、前回のコラムの訂正です。昨年度の中国のクルーズ人口を477万人と書きましたが、この統計は、中国の港からクルーズ客船で出国・入国した人の数とのことで、クルーズ人口は、このほぼ半分の約240万人が正しい値です。お詫びして訂正いたします。

さて、クルーズマーケットが急拡大しているのは、前コラムで紹介した中国だけではありません。日本のクルーズマーケットも、昨年度は大躍進をしました。

1989年、すなわち平成元年は、日本のクルーズ元年と呼ばれました。それまで団体チャーターの研修クルーズを中心としていたのが、欧米と同じく個人の観光目的のレジャークルーズに衣替えする兆候が出てきた最初の年だったのです。この年の日本のクルーズ人口は約15万人でした。その後、クルーズ客船が続々と計9隻も登場して、その供給量に見合うだけの需要は生まれず、日本のクルーズ人口は長らく18―20万人台で低迷していました。

この原因は、日本のクルーズ客船は比較的小型で、クルーズ料金は1泊あたり最低でも4万円からと高額、またクルーズ期間も比較的長いものが多かったためとみられています…

(池田良穂=大阪経済法科大学客員教授)

(トラベルニュースat 2018年9月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

四県四色四国を彩る高知編

第3弾は高知県。維新の国土佐が今あえて売りだすのは「自然・体験」。これに高知城のアート...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ