楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

視覚障がいの事実を理解しよう

私たちの身体には五感があります。目が見えていれば意識しなくても危険を回避しますが、視覚に障がいのある人にとっての街中は危険なことであふれています。

例えば、視覚障がい者の半数近くは、駅のホームから転落した経験が複数回あると聞きます。この事実に鉄道各社は様々な防止策を図っています。

4月6日、草津駅(滋賀県)でJR西日本駅係員と視覚障がい者が、転落防止を目的に合同勉強会を開催しました。私もサービス介助士インストラクターとして駅係員向け事前研修から参加し、盲導犬・白杖ユーザーが駅構内を歩行する際の注意点、ホーム上で視覚障がい者に危険が迫る際の状況、さらに転落の危険が迫っていると認めた場合における駅係員の対応について紹介、説明しました。

後半は、実際に盲導犬・白杖ユーザーと歩行練習を重ね、駅係員との手引き、声かけ練習をやっていただきました。開始時の「声かけ」こそ遠慮がちでしたが、ホーム上での転落防止・緊急時対応では、多くの視覚障がい者から「そのくらい、はっきり大きな声で呼んでくれると助かる」「本当に危険な時は遠慮なんかいらないから、助けて!」「今みたいに身を挺して止めてもらえるとありがたいし、嬉しい」と評価が得られました…

(喜山光子=公益財団法人日本ケアフィット共育機構)

(トラベルニュースat 2019年5月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ