楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

大阪空港に「かまくら」 秋田県横手市がイベント

19/02/15

秋田県を代表する冬の風物詩「かまくら」と「なまはげ」が共演するイベントが1月19―20日、大阪府豊中市の大阪国際空港(伊丹空港)で開かれた。家族連れを中心に2日間で1万4千人が来場者した。

イベントは「大阪国際空港雪まつり」。横手市が主催し、今年で3回目。新潟県妙高市などから運んだ天然雪を使って巨大なかまくらをはじめ、子どもたちがソリや雪玉づくりを楽しめる広場を設置。かまくら前の記念撮影、なまはげの太鼓披露は大人気で2日間とも長蛇の列ができた。

横手かまくら

2日間で1万4千人来場

会場では、きりたんぽや甘酒(あまえご)など横手市と男鹿市の特産品販売するブース、さらに島根県出雲市の出雲ぜんざい学会のメンバーが「出雲ぜんざい」、島根県観光施設協議会のメンバーが「カニ汁」を友情出展。連日賑わった。

近畿日本ツーリスト関西とクラブツーリズムも昨年に続きイベントに協賛し、大阪発着の「横手の雪まつり」特別ツアーを設定し来場者にアピール。JALやANAもブースを設けて、東北秋田への空の旅を紹介した。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
兵庫但馬で冬の寒さに抗う熱さ感じて

新年明けて、トラベルニュースat地域特集は、兵庫県北部の但馬地方にスポットを当てた。冬の味...

麒麟がくる明智光秀の足跡を訪ねる戦国紀行・京都府亀岡市編

明智光秀をめぐる物語は、いよいよ佳境に入っていく。京都府亀岡市は「本能寺の変」へ出陣した...

麒麟がくる明智光秀の足跡を訪ねる戦国紀行・岐阜県可児市編

戦国時代、斎藤道三が基礎を築き、織田信長が発展へと導いた現在の岐阜市。明智光秀はこの地で...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ