楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

「麒麟がくる」で福知山市が来る!(1) 明智光秀でシティプロモーション

19/03/18

京都府福知山市は、地元ゆかりの戦国武将、明智光秀が主人公となる来年の大河ドラマ「麒麟がくる」放映に向け、光秀をテーマにした地域活性化プロジェクトを展開する。2月12日に福知山城で記者会見を開き、官民連携による取り組み内容と第1弾施策を発表、大橋一夫市長が意気込みを熱く語った。

福知山市は光秀が治めた地であり、今のまちの基盤を築いたとして、今も地元では名君光秀として慕われているほどつながりは深い。復元した雄大な天守閣を備える福知山城、光秀を祀る御霊神社、治水対策として由良川岸に設けた明智藪など、まちには今もゆかりの地が残る。

同市では大河ドラマを機に、福知山の歴史文化、観光の魅力を全国に発信しようと「福知山光秀プロジェクト推進協議会」を設立。市や商工会議所、観光協会、商工団体、旅行、宿泊、交通事業者などが参画し官民連携で事業を展開する。“逆臣”として捉えられている光秀の真の姿や、福知山との関係性を伝え、観光誘客や商業の発展につなげたい考えだ。

大橋市長は会見で「大河決定を受け、福知山をアピールする絶好の機会として準備を進めてきた。『知られざる光秀』という大きな軸でシティプロモーションに注力したい」と意欲を語った。

プロジェクトのキャッチコピーは「明智光秀が築いた城下町 福知山」。「“大河レガシー”をまちに残す」というミッションのもと、「歴史文化の全国への発信」「観光都市としての整備・コンテンツ充実」「市民が主人公のまちづくり」の3本柱で進めていく。

(次の記事)「麒麟がくる」で福知山市が来る!(2) 大使に“子孫”クリス・ペプラーさん、光秀イメージ調査も

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ