楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

宿と客で“心の密”構築

20/07/10

新型コロナウイルス感染症拡大で自粛ムードだった観光業界。ようやく他県への往来も緩和され、7月1日を契機に営業を再開した旅館ホテルも多い。休館中には安心・安全の感染防止対策を講じ、待ちに待った営業再開最初の土曜日、熊本県南部を中心に豪雨が襲った。球磨川が氾らんし、各地で土砂崩れや浸水が発生、多くの方が犠牲になった。心からお見舞い申しあげたい。

被害の大きかった人吉市内の旅館では、宿の2階まで浸水したところもあった。A旅館では130人ほどが宿泊していたが、川の氾らんで1階が水没。宿泊客は帰れず連泊することになった。その間、旅館の社員総出で料理を出してもてなし、3日目に無事帰還いただいた。客が帰った後の客室に入ると1万円札が入った封筒が置かれていた。非常事態のなか、もてなしてくれた感謝と励ましの言葉が添えられていた。それを見た女将は感極まり号泣したという。営業自粛からようやくリスタートし、その直後の災害。同じ被災者であるはずの宿泊客の励ましほど、旅館関係者の心を奮い立たせるものはなかったのだろうと推測する。

旅館が最も得意とする客との密の関係ができなくなり、新たな接客が問われる中、旅館で接待する側と宿泊する側とのお互いの“心の密”を人吉の旅館で垣間見た。

(トラベルニュースat 20年7月10日号)

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ