楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

大阪で島根の伝統芸能 「石見神楽なにわ館」がオープン

19/04/25

島根県の伝統芸能、石見神楽を公演する常設施設「石見神楽なにわ館」が4月25日、大阪市浪速区にオープンした。同館の髙橋郁夫館長が「世界に通用する芸能」と感銘を受け私費を投じて開設したもので、国内外から年間1500人の集客を目指す。

同館の舞台は間口7メートル、奥行5メートルの本場と同じ設え。座敷とイス席で約100人を収容、ロビーには石見神楽の関連資料なども展示している。

4月15日に関係者を招いて行われた内覧会では、石見神楽を代表する演目「大蛇」を上演。同館専属の大阪社中の皆さんが、昨年秋からの特訓の成果を発揮し迫力ある神楽を披露した。

石見神楽なにわ館

迫力ある大蛇を披露

髙橋館長は「昨年1月に動画サイトで石見神楽を初めて見た。私が受けた感動を一人でも多くの人に体感してもらいたい」。また、島根県浜田市在住で大阪社中の指導に当たった安藤美文総監督は「石見にある150社中に負けないように休みなしで練習してきました。これから少しずつ演目を増やしていきたい」と話していた。

上演は、金土日と祝日の14、17時の2部制。入場料は3千円で、チケッツなどでも取り扱う。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
麒麟をめぐる戦国観光の地・岐阜

戦国武将、明智光秀を描く「麒麟がくる」が2020年のNHK大河ドラマに決まり、光秀が生まれ...

緋色に染まる秋の滋賀

滋賀県の秋はパッチワークのように色鮮やか。琵琶湖は青い水をたたえ、山々は紅や黄に緑も混じる...

令和に号令、山陰新時代鳥取編

令和の時代に飛躍を図る山陰観光の今をお伝えする特集後編は鳥取県にスポット。道路網が充実、周...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ