楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

越後湯沢温泉 8月23日に関越トンネル探検ツアー

19/08/13

越後湯沢温泉観光協会が8月23、9月28、10月26日の3回、関越トンネル探検ツアーを催行する。各会定員は25人で最少催行人数は8人。参加費は幼児を除き1人4800円。

雪国観光圏の多様な楽しみ方をアピール

関越トンネルでは、普段は入れない電気室、巨大ファンを見学し、高さ180メートルの立杭を上る。名峰・谷川連峰を望みながらの昼食の後は、大源太川第1号砂防堰堤の改修現場を見学する。

ツアーは雪国観光圏への集客を目的としたもので、10月26日は雪国観光圏(新潟県魚沼市、南魚沼市、湯沢町、十日町市、津南町、群馬県みなかみ町、長野県栄村の7市町村)在住者限定で募集する。

インフラツーリズムが少しずつ浸透

ダムや橋、トンネルや地下放水路など巨大な建造物をガイドの案内で見学するインフラツーリズムは、国土交通省の後押しもあり、近年、少しずつ対象が増えつつある。越後湯沢温泉観光協会では8月16日にも、関越トンネルと、新潟県南魚沼市にある高さ119・5メートルのロックフィルダム、三国川ダムを見学するツアーを催行する。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
緋色に染まる秋の滋賀

滋賀県の秋はパッチワークのように色鮮やか。琵琶湖は青い水をたたえ、山々は紅や黄に緑も混じる...

令和に号令、山陰新時代鳥取編

令和の時代に飛躍を図る山陰観光の今をお伝えする特集後編は鳥取県にスポット。道路網が充実、周...

令和に号令、山陰新時代島根編

山陰では今、令和の時代に飛躍を期する様々な取り組みが進行中だ。山陰デスティネーションキャン...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ