楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

リアル○刀流に活路 紙面から選ぶ2021年観光番付(1) ウィズコロナへ万端

昨年に続き、2021年もコロナに席巻された一年になってしまった。首都圏など大都市圏は、年明け早々に緊急事態宣言が発出され、10月1日に解除されるまで緊急事態とまん延防止等重点措置を行ったり来たり。緊急事態が日常化する息苦しい1年だった。人流が制限される中、我々業界は生き残る術を見い出そうとリアル二刀流、いや阿修羅のごとく○刀流に挑んだ…というこの1年の話題を編集部独断で番付にしてみました。

新GoToやワクチンPC 来年に向け期待と要望

2021年観光番付

 今年も新型コロナウイルスが席巻した1年だった。実質的に2年連続の一人横綱だったといっていい。大関以下に並べたトピックスもほとんどが新型コロナウイルスに関わるものだ。それでも、10月1日に緊急事態宣言などが全国一律に解除されて以降、今のところ新規感染者数が落ちついているのは新年を明るい気分で迎えられる。

 秋口から徐々に人流が復活し、いわゆる県内割で旅館ホテルによっては連日大入りという話も聞こえてきた。

 新規感染者数が落ち着いたのは、ワクチン接種率が8割近くまで高まっていることが大きな要因とされている。オミクロン株という新手も出てきたが、副反応にビクビクしながら2回接種した身からすれば、第6波が抑えられるのであれば3回目ブースターも受け入れようと思う。

一方で、小結にしたけど「ワクチン・検査パッケージ」は、ウィズコロナ期の旅行スタイルのスタンダードになるのは間違いない。もちろん、その運用が非接種者に対する差別を助長することはあってはならないし、またぞろ観光業界攻撃の格好のネタになるので細心の注意を払いたい。

 Go Toトラベルキャンペーンは来年1月下旬または2月から割引率などを見直して再開が予定されている。業界団体もこぞって早期再開を国に要望してきた。期間延長や、中小の旅行会社や旅館、貸切バスなどにも等しく恩恵があるよう制度設計を願いたい。

 新Go Toは平日需要喚起などを盛り込んでいるが、就労者の旅行を支援するGo Toウィズ有給パッケージみたいな、有給取得で社員の旅行を促す企業向け支援もあればなと思う。

(トラベルニュースat 21年12月10日号)

(次の記事)リアル○刀流に活路 紙面から選ぶ2021年観光番付(2) SDGs考える機会に

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

観光復活は四国一周しこくるりから徳島編

四国DC4県の魅力をまるごと感じてまわることから新時代の旅を始めよう。最終回は徳島県の旅...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ