楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

8月18日は作曲家、古関裕而の命日

19/08/18

8月18日は福島県出身の作曲家、古関裕而の命日。1989年8月18日に80歳で亡くなっている。没後30年にあたる。

生まれは1909年8月11日。今年は生誕110年の年でもある。

64年、東京オリンピック開会式の行進曲も作曲

今が真っ盛りの高校野球甲子園大会の大会歌、「栄冠は君に輝く」は古関の作曲。NHKの甲子園中継は、やはり古関が作曲したスポーツ中継のテーマソング「スポーツショー行進曲」で始まる。

64年の東京オリンピック開会式に使われた「オリンピック・マーチ」も古関が作曲した。来年、20年の東京オリンピック開会式には、どんな曲が流れるのだろう。

スポーツ関連の曲では、読売ジャイアンツの応援歌「闘魂こめて」も、ライバル球団の阪神タイガースの応援歌「六甲おろし」も古関の作品だというから面白い。

個人的には子供のころ、家にレコードがあって、「とんがり帽子」は好きで、よく聴いた。この歌も彼の作曲だった。作曲した数は5000曲に及ぶそうだ。

古関は79年、福島市で最初の名誉市民となった。

福島市の古関裕而記念館で9月1日まで、生誕110年企画展

福島市に古関裕而記念館がある。歌にある、「とんがり帽子の時計台」を連想させる外観で、館内には写真や楽譜などの資料約600点が展示されている。古関メロディー100曲を、ヘッドフォンで聞くことができるコーナーもある。

福島市古関裕而記念館(福島市観光コンベンションHPから)

生誕110年記念を記念した企画展「古関裕而と昭和展」が9月1日まで行われている。8月24日にはギャラリートークと演奏会も開かれる。

福島駅東口には、生誕100周年の時に設置されたモニュメントがある。8-20時まで1時間ごとに、古関メロディーが流れている。

福島駅の新幹線、在来線の発車ベルも古関メロディーが使われているそうだ。

福島駅東口にあるモニュメント(福島商工会議所提供)

古関裕而モデルのNHK朝ドラ「エール」、20年春から放映

20年春から、NHK連続テレビ小説として古関をモデルとした「エール」の放映が始まる。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ