楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

8月22日は藤村の命日 馬籠では地歌舞伎が外国人に人気

19/08/22

8月22日は、作家、島崎藤村の命日。1943年に71歳で亡くなった。

小説、「夜明け前」で、名前は知っているけど、読んだことがない作家の1人。ただ、藤村が作詞した「椰子の実」は知っている。「名も知らぬ遠き島より 流れ寄る椰子の実一つ」で始まる、好きな歌だ。

藤村は、岐阜県中津川市の中山道馬籠に生まれ、神奈川県大磯町で亡くなった。お墓は馬籠の永昌寺と、大磯町の地福寺にあり、両寺で藤村忌の法要が営まれる。

11月8-23日の金土曜日は、馬籠あかり街道に

馬籠に藤村記念館がある。「夜明け前」「嵐」などの作品原稿、遺愛品、周辺資料、明治大正時代の稀覯本コレクションなど約6千点を所蔵、一部を展示している。大人500円。記念館は生家が消失した後、地元住民によって跡地に建てられた。

馬籠座歌舞伎、ストーリーや用語、楽しみ方を英語で解説

馬籠観光案内所隣の馬籠集会所で8月24日、馬籠座歌舞伎の公演が行われる。地元住民によって演じられる地歌舞伎で、演目は白浪五人男として知られる「青砥稿花紅彩画 稲瀬川勢揃いの場」。

観覧料は大人500円。定員は70人ほど。

公演は20時からの約30分で、開演前には、おひねりや大向こうのガイドがあり、歌舞伎が初めてでも楽しく観賞できる。料金にはおひねり代と枡のお土産が含まれる。

20時からの開演とあって、これまでの公演では、客のほとんどは宿泊客で、9割を外国人旅行者が占める。英語での事前ガイドや公演中はスクリーンでの字幕や用語の解説などを行っている。

馬籠には8軒ほどの民宿があり、100人程度が宿泊できる。周辺にゲストハウスもできた。

馬籠座地歌舞伎の公演を観光用に始めたのは4年ほど前で、夜間に上演するのは今年が初めて。夏公演はこの日が最終日で、秋公演は10月12、26日、11月9、23日に行われる。

岐阜県には地歌舞伎が多く残り、岐阜県ではウェブサイト「地歌舞伎」で、公演の日程や楽しみ方を紹介している。

大磯町は旧藤村邸を保存・公開

一方、大磯町には旧島崎藤村邸が保存・公開されている。大磯駅から徒歩5分で入場は無料。

相模湾に面する大磯海水浴場は、国内の海水浴場発祥の地とされる。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ