楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

秋のキノコ狩り 放射性物質が基準超えの地域も

19/08/30

そろそろ秋のキノコ狩りシーズン。ただ、地域によっては、野生キノコから食品衛生法で定められた基準値(100ベクレル/kg)を超える放射性物質が依然として検出されていて、国の原子力災害対策本部から、出荷制限指示や摂取制限指示の対象となっている。

山梨県は7月26日、ウェブサイトで、富士吉田市、鳴沢村、富士河口湖町における野生キノコの採取、出荷および摂取を自粛するよう注意を促した。

東日本大震災の翌年2012年に、本栖湖(富士河口湖町)周辺でキノコ狩りをしているとき、同様の注意書きを森の中で見たときは、「こんなところまで汚染されているんだ」と、改めて東京電力原発事故の広範囲な影響を実感した。

その直後、若いタマゴダケの群生を見つけたときは、一応採取し、食べようかとずいぶん悩んだけど廃棄した。

あれから8年経っても、山梨県内3市町村では野生キノコの出荷制限が継続されている。

厚労省はウェブサイトで、「原子力災害対策特別措置法に基づく食品に関する出荷制限等」の一覧を掲載している。

野生キノコについては、今年6月17日現在で、福島県のほか青森、岩手、宮城、栃木、群馬、埼玉、山梨、長野、静岡各県の一部市町村が対象になっている。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ