楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

宮島・厳島神社の大鳥居が修繕工事ですっぽり

19/09/02

宮島・厳島神社の大鳥居の大規模修繕工事が、今年6月から始まっている。屋根の葺き替え、塗装や部分修理を予定している。

9月1日現在、鳥居全体が足場とネットで覆われている。

すっぽり覆われた厳島神社の鳥居。カヤックが近くまで

今年は主に調査を行い、修理方針を決める。そのため工期について、厳島神社文化課では「未定もしくは数年とご案内ください」としている。

宮島側から見る大鳥居

現在の大鳥居は1875年の再建から140年以上が経過し、老朽化による損傷が進んでいた。

大鳥居は、海中の土台の上に置かれただけの構造で、主柱2本と控え柱4本の6本の柱で、自重で立っている。鳥居上部の島木と呼ばれる部分に、こぶし大の石を詰め重しとするなど、総重量は60トンに及ぶ。

過去に本殿などに大きな被害を与えた台風や地震でも、大鳥居は無事だった。

海に立つ神社本殿はここだけのもの

満潮時、海面に立つ朱色の大鳥居は宮島のシンボルでもあり、日本を代表する景観の1つとして、訪日旅行者の人気も高い。

厳島神社。2015年ごろ

知らずに訪れた人には残念だけど、満潮時に厳島神社全体が海の中に立つ様子の見事さは変わらない。本殿、拝殿、東回廊、西回廊など6棟は国宝、国指定重文が11棟・3基あり、見どころも多い。

このうち東回廊も2020年1月20-7月31日の予定で修復工事が行われる。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ